メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆の日

72年 核禁止へ、歩み進めよ

 長崎への原爆投下から72年の「原爆の日」を迎えた9日、長崎市の平和公園で平和祈念式典が開かれた。田上富久市長は平和宣言で、7月に国連で採択された核兵器禁止条約を「被爆者が長年積み重ねてきた努力がようやく形になった」と評価した。日本政府に対しては「条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を被爆地は到底理解できない」と厳しく批判し、条約を批准するよう求めた。これに対し、安倍晋三首相は式典後の記者会見で批准する考えがないことを改めて示した。

 田上市長は平和宣言のほぼ半分を核兵器禁止条約に割き、「ノーモア・ヒバクシャ」という被爆者の願いが多…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文551文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです