メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

キプルト、ケニアの星 男3000障害 22歳初制覇

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権は第5日の8日、ロンドン競技場で男子400メートル決勝があり、リオデジャネイロ五輪金メダルのウェード・ファンニーケルク(南アフリカ)が優勝し、2005年と07年大会を制したジェレミー・ウォリナー(米国)以来、10年ぶりの2連覇を果たした。男子3000メートル障害はリオ五輪金メダルのコンセスラス・キプルト(ケニア)が初制覇。男子棒高跳びはサム・ケンドリクス(米国)が初優勝した。女子やり投げは36歳のバルボラ・シュポタコバ(チェコ)が10年ぶりの優勝を果たした。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1064文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです