メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆の日

72年(その1) 祈り、命ある限り

 1945年8月9日午前11時2分、長崎に落とされた一発の原爆が7万人余の尊い命を奪い去った。あの暑い夏から72年。長崎市の平和公園で9日、平和祈念式典が開かれ、犠牲者を悼む鎮魂の祈りがささげられた。核廃絶を願う被爆者からは、核兵器禁止条約への参加を拒む政府への怒りの声が改めて上がった。

元教諭「両親の最期たどる」

 「家族がどのように被爆し、どう亡くなったのか、事実を知りたい」。生後2カ月で被爆した東京都羽村市の岩谷湍(いわやはやせ)さん(72)は、物心がついた時、両親がいなかった。東京で小学校教諭を長年務め、児童らに命や平和の尊さを語ってきたが、被爆時やその後の記憶はなく、気後れがあった。家族の足跡をたどりたいとの思いも抱きながら、式典に参列した。

 岩谷さんは長崎市に住む祖母の元で育てられた。祖母から聞いた話では、両親は長崎駅の近くで薬局を営んで…

この記事は有料記事です。

残り2047文字(全文2425文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです