メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆の日

72年(その2止) 闘い、世界に広げ 「乙女の会」機関紙発見

 戦後10年の1955年に結成され、長崎での被爆者運動の礎となった「長崎原爆乙女の会」が同年7月から56年2月まで発刊し、散逸していた機関紙「原爆だより」が見つかった。長崎総合科学大の木永勝也准教授が、会の創設メンバーの渡辺千恵子さん(93年に64歳で死去)の遺品にあった創刊号から5号まで全号を発見した。木永准教授は「平和運動の創成期が分かる貴重な資料だ」と話す。

 渡辺さんは女学生だった16歳の時、長崎の爆心地から約2・5キロにあった学徒動員先の工場で被爆。下半…

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1127文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです