メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損賠請求訴訟

問題行動回避もパワハラ 業務削減、兵庫教育大に賠償命令

 問題行動を繰り返し国立大学法人・兵庫教育大(兵庫県加東市)を懲戒解雇された元職員(51)が「長期間仕事を与えられず、うつ状態になった」として、大学に慰謝料など550万円を求めた損害賠償請求訴訟の判決で、神戸地裁(倉地康弘裁判長)は9日「トラブル回避のためでも、長期間仕事を与えないのはパワハラに当たる」として大学に50万円の支払いを命じた。

 判決によると、元職員は1996年以降、複数の上司や同僚にカッターナイフを手に詰め寄ったり、殴る蹴るの暴行を加えたりするなどの行為を繰り返し、減給処分を受けた。休職から復職後の98年4月以降、大学は大幅に業務量を減らした。その後、元職員の問題行動が再発し、精神状態が悪化。元職員は2012年2月に懲戒解雇された。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです