メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

サニブラウン、史上最年少で決勝へ 男子200

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権は第6日の9日、ロンドン競技場で男子200メートル準決勝があり、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)は20秒43(向かい風0.3メートル)で2組2着となり、銅メダルを獲得した末続慎吾以来、日本勢14年ぶりの決勝進出を果たした。決勝は10日(日本時間11日朝)に行われる。18歳5カ月での決勝進出は、05年大会のこの種目で決勝に進んだウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳11カ月を更新する史上最年少記録となった。

 18歳が公言していた通りに決勝進出を果たし、「あんまり実感ないですね」と言いつつも、満面の笑みで喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです