メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党代表選

知名度の地方票か、組織票の国会議員票か

民進党(旧民主党)代表選の有権者別ポイント数の割合の推移

 民進党は9日、代表選(21日告示、9月1日投開票)の有権者別ポイント数を発表した。党員・サポーターと地方議員の票(地方票)が全体に占める割合は約51%に上り、国会議員らの票とほぼ半々となった。地方票は知名度が大きく影響する一方、国会議員票は党内グループなど組織票が左右する。陣営は外向けのアピールと内向きの組織固めの両にらみで支持拡大を図っている。【真野敏幸】

 代表選は有権者ごとにポイント数が定められており、各候補者は獲得したポイント数の合計で競う。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文959文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです