メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エネルギー基本計画

「原発」見直し、声高く 経産省慎重

2030年度の電源構成目標と2016年度推計

 経済産業省は9日、総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の分科会を開き、国のエネルギー政策の方針を定めた「エネルギー基本計画」の改定に向けた議論を始めた。委員からは原発政策などの再検討を求める声が相次いだが、経産省は小幅改定にとどめたい考えだ。分科会は年度内に結論を出す。

 基本計画は、エネルギー政策基本法で3年ごとの改定が定められている。2014年に決定した現計画は、旧民主党政権が掲げた「脱原発」を転換し、原発を安く安定供給できる「ベースロード電源」と位置づけた。計画を踏まえ、政府は30年度の電源構成で原発の比率を20~22%にすることを目指している。

 しかし、原発再稼働は進まず、経産省が分科会で提示した16年度推計の原発比率は2%にとどまった。30…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文722文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 春日部駅 高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉
  4. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]