メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エネルギー基本計画

「原発」見直し、声高く 経産省慎重

2030年度の電源構成目標と2016年度推計

 経済産業省は9日、総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の分科会を開き、国のエネルギー政策の方針を定めた「エネルギー基本計画」の改定に向けた議論を始めた。委員からは原発政策などの再検討を求める声が相次いだが、経産省は小幅改定にとどめたい考えだ。分科会は年度内に結論を出す。

 基本計画は、エネルギー政策基本法で3年ごとの改定が定められている。2014年に決定した現計画は、旧民主党政権が掲げた「脱原発」を転換し、原発を安く安定供給できる「ベースロード電源」と位置づけた。計画を踏まえ、政府は30年度の電源構成で原発の比率を20~22%にすることを目指している。

 しかし、原発再稼働は進まず、経産省が分科会で提示した16年度推計の原発比率は2%にとどまった。30…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文722文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです