メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米国

北朝鮮と脅迫の応酬 米メディア批判「緊張高める」

 【ワシントン会川晴之、ソウル米村耕一】核ミサイル開発を加速する北朝鮮とこれを厳しく非難するトランプ米大統領は、8日から9日にかけ軍事力行使に言及して脅迫し合った。米紙ワシントン・ポストが報じた米国防情報局(DIA)の分析では、北朝鮮は「60発」の核兵器を保有し、一部は「大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載可能」とされる。米本土に到達可能なICBM発射実験も相次いで成功させるなど予想外に早く現実的脅威になったと見る北朝鮮に、米国はいら立ちを深めている。

 トランプ氏は8日、北朝鮮が挑発を続ければ「世界が見たことのないような砲火と激烈な怒りに直面する」と…

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文1111文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです