米国

偽ニュース「売れる」 サイト最盛期ライター20人

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「フェイクニュース王」と呼ばれたジェスティン・クーラーさん。パソコン画面には「トランプ、日本の安倍首相とのゴルフで12回のホールインワン」との偽ニュースサイトに掲載した記事が表示されている=ロサンゼルス近郊の自宅で2017年6月17日、長野宏美撮影
「フェイクニュース王」と呼ばれたジェスティン・クーラーさん。パソコン画面には「トランプ、日本の安倍首相とのゴルフで12回のホールインワン」との偽ニュースサイトに掲載した記事が表示されている=ロサンゼルス近郊の自宅で2017年6月17日、長野宏美撮影

 「フェイク(偽)ニュース王」。米メディアにこう呼ばれた人物は、ロサンゼルス近郊のビーチ近くに住む。妻と2人の娘と一戸建てに暮らすジェスティン・クーラーさん(41)。本業はソフトウエア開発だが、「ナショナル・リポート」といったもっともらしい名前のインターネット上のサイトも複数運営し、フェイクニュースを流していた。

 サイトを始めたのは5年前。当時、民主党のオバマ政権下で進む同性婚容認などリベラルな風潮に危機感を強めた保守層が、右翼系メディアの事実無根の「報道」をうのみにしていた。こうした読者の反応に興味があった。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文892文字)

あわせて読みたい

注目の特集