メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

偽ニュース「売れる」 サイト最盛期ライター20人

「フェイクニュース王」と呼ばれたジェスティン・クーラーさん。パソコン画面には「トランプ、日本の安倍首相とのゴルフで12回のホールインワン」との偽ニュースサイトに掲載した記事が表示されている=ロサンゼルス近郊の自宅で2017年6月17日、長野宏美撮影

 「フェイク(偽)ニュース王」。米メディアにこう呼ばれた人物は、ロサンゼルス近郊のビーチ近くに住む。妻と2人の娘と一戸建てに暮らすジェスティン・クーラーさん(41)。本業はソフトウエア開発だが、「ナショナル・リポート」といったもっともらしい名前のインターネット上のサイトも複数運営し、フェイクニュースを流していた。

     サイトを始めたのは5年前。当時、民主党のオバマ政権下で進む同性婚容認などリベラルな風潮に危機感を強めた保守層が、右翼系メディアの事実無根の「報道」をうのみにしていた。こうした読者の反応に興味があった。

     「オバマ大統領がイスラム文化国際博物館のためにポケットマネーを出そうとしている」。こんなデタラメのニュースにさえ、保守層は飛びついた。保守系FOXニュースのトーク番組で女性キャスターが真に受けて伝えたほどだ。「驚いたよ。思っていたよりずっと簡単だったんだ」。フェイクニュースを受け入れる素地は、米国には以前からあったのだ。

     フェイクニュースを流すことで「情報の中には偽物がある。もっと慎重になって」と警告する狙いもあった、とクーラーさんは言う。だがサイト運営の目的は急速に変化した。閲覧数が増えると広告収入も伸びる。「そう。売れるんだ」。2014年にはライター20人を抱え、年収60万ドル(約6600万円)に達した。

     クーラーさん自身は強固な民主党支持者で、昨年の大統領選では同党候補のクリントン氏に投票。共和党候補だったトランプ氏を風刺する記事も掲載した。だが、フェイクニュースの「人気」は、圧倒的だった。

     「ヒラリー・クリントン氏のメール問題を捜査していた連邦捜査局(FBI)捜査官が、妻と無理心中した」。昨年の大統領選中にクーラーさんが流したこのフェイクニュースは、3日間で50万回も交流サイトの「フェイスブック」で共有され、閲覧数は150万回に達した。

     「ヒラリーが勝つと思っていた」というクーラーさん。フェイクニュースのせいでトランプ氏に負けたとは言いたくないという。「でも、もしやり直せるなら、このサイトをつくることはないだろう」【ロサンゼルス長野宏美】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. リニア不正受注 鹿島と清水建設の2社を捜索
    2. 彦摩呂 1時間で12回「無呼吸状態」 血管に大きな負担で「突然死」のリスクも?
    3. 大宮風俗店火災 市消防局と埼玉県警が合同で現場検証
    4. 殺人未遂 車で警官引きずり逮捕 職質中に急発進 海老名
    5. リニア大林組捜索 業界に衝撃 工費9兆円、巨大な利権

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]