都内総合病院

勤務医自殺は労災 直前、月残業173時間

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

品川労基署が認定 長時間残業で精神疾患発症が原因

 東京都内の総合病院産婦人科に勤務していた30代の研修医の男性が2015年に自殺したのは、長時間残業で精神疾患を発症したのが原因だったとして、東京労働局品川労働基準監督署が労災認定したことが分かった。男性の両親の代理人を務める川人博弁護士が9日、都内で記者会見して明らかにした。認定は今年7月31日付。

 男性は15年7月12日に自殺。労基署の決定などによると、直前1カ月の残業は約173時間で過労死ライン(直前1カ月100時間)を大幅に超えていた。

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1009文字)

あわせて読みたい

注目の特集