夏の高校野球

強心臓の2年生・市川 内角攻め 明徳義塾

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明徳義塾-日大山形】明徳義塾の2番手・市川=阪神甲子園球場で2017年8月9日、徳野仁子撮影
【明徳義塾-日大山形】明徳義塾の2番手・市川=阪神甲子園球場で2017年8月9日、徳野仁子撮影

 〇明徳義塾(高知)6-3日大山形(山形)●(延長十二回 9日・甲子園、1回戦)

 強心臓の2年生右腕が、延長にもつれた試合の流れを引き寄せた。六回から登板した明徳義塾の2番手・市川が7回を5安打無失点。「今までで一番いい投球だった」と胸を張った。

 右スリークオーターから繰り出す140キロ前後の直球を軸に、打者の内角を強気に攻めた。3点勝ち越した直後の延長十二回は2死から四球と中前打で一、二…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

あわせて読みたい