メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5G基地局

実証実験で覚書 福山市とKDDI「成果の全国活用を」 /広島

景観に配慮し、基地局機能を内部に組み込んだ街路灯のイメージ写真=日本貿易振興機構(ジェトロ)提供

 超高速通信が可能な第5世代(5G)移動通信システムの実用化に向け福山市鞆町で実施される実証実験で、市と通信大手のKDDI(東京都)は10日、市役所で覚書を交わした。基地局を内蔵した街路灯の実証実験は初めてとなり、関係者は「景観に配慮した基地局設置のモデルケースになれば」と期待を寄せている。

 5Gは、総務省や通信各社が2020年までの実用化を目指しているインターネット通信システム。高速で大容量の通信が可能になるとされる。一方で、5Gの電波は届く範囲が狭く、基地局が…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  3. 荻原魚雷のラジオ交差点 このまま走り続けてほしかった

  4. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  5. 世界のコロナ感染、1億人超 77人に1人 死者は210万人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです