メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

当面上場維持 決算発表、最終赤字9656億円

 経営再建中の東芝は10日、2017年3月期の有価証券報告書について、PwCあらた監査法人から、一部に不適切な部分はあるが重要度は低いことを意味する「限定付き適正意見」を得て関東財務局に提出した。東芝が当初予定より3カ月遅れで発表した17年3月期連結決算によると、最終(当期)損益は国内製造業では過去最大となる9656億円の赤字(前期は4600億円の赤字)が確定した。今年3月末時点の株主資本は5529億円のマイナスで、大幅な債務超過となった。

 東芝とPwCの間で、米原子力事業の損失を認識した時期を巡る意見の相違は解消されなかったが、PwCは…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです