連載

ひと

話題のひと、ニュースのひと、そのホットな人物をエピソードと経歴を交えて紹介します。

連載一覧

ひと

大島満吉さん=戦時中の葛根廟事件を語り継ぐ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大島満吉さん
大島満吉さん

大島満吉(おおしま・まんきち)さん(81)

 終戦の直前、旧満州(現中国東北部)に侵攻したソ連軍の戦車部隊の攻撃で1000人以上の日本人が犠牲になった葛根廟(かっこんびょう)事件の生存者。「命を絶たれたそのほとんどは、女性や子どもだった」と語る。

 事件は1945年8月14日正午前、満州北西部の町、興安街(現中国内モンゴル自治区ウランホト)や近郊に住んでいた民間人が、チベット仏教寺院「葛根廟」に避難する途中の草原で起きた。

 当時9歳。母や弟妹とざんごうに逃げ込んだ。「他の避難者と息を潜めたが、そこにもソ連兵が下りてきた」。生き残った人たちは自決に追い込まれ、「子どもの場合は大人が手を下す。その順番を待っていたところにはぐれていた父と兄がざんごうにやって来て私たちを捜し当てた」。すでに絶命した妹を残して一家は脱出。翌年、引き揚げることができた。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文686文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集