メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

障害者向けツール次々開発

視覚障害者が歩くルートをチェックする「ことばの道案内」メンバー=横浜市で

 目の見えない人や耳の聞こえない人、障害を持った人が日常生活を送りやすくするために、さまざまなツールが開発されている。

 ●道案内読み上げ

 「点字ブロックの誘導先に車止めのチェーンがある。そのまま歩いていたら足をとられて転んでしまう」。7月上旬、横浜市で視覚障害者の歩行ルートを調査していたNPO法人「ことばの道案内」(通称ことナビ)のメンバーが、危険箇所をチェックする。2004年の設立以来、駅から公共機関や主要施設へのルートを言葉で説明するサイト(http://kotonavi.jp)を運営している。

 公開ルートは首都圏を中心に2400以上。メンバーが現地調査した上でアップする。視覚障害者1人とNP…

この記事は有料記事です。

残り1617文字(全文1919文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです