世界陸上

サニブラウン7位入賞 ボルト18歳時上回る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権は第7日の10日、ロンドン競技場で男子200メートル決勝があった。この種目でウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳11カ月を更新する史上最年少のファイナリストとなった18歳5カ月のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が20秒63(向かい風0.1メートル)で7位入賞を果たした。2003年パリ大会で銅メダルを獲得した末続慎吾以来、14年ぶりの表彰台は逃した。日本勢の入賞は今大会初めて。優勝はグリエフ(トルコ)で20秒09だった。

 ずっと目指してきた舞台にサニブラウンの胸ははずんだ。「とことん楽しんでやる。できるだけ行く」と果敢に攻めた。外から二つ目の8レーンから飛び出し、自己記録が19秒台の世界のトップスプリンターから必死に逃げる。前半はトップ付近を快走した。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文720文字)

あわせて読みたい

注目の特集