メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

じゃんけんを学習 4歳児程度の理解力

京都大霊長類研究所で画像を使ったじゃんけんの学習実験を受けるチンパンジー(京都大学提供)

 チンパンジーがじゃんけんを理解できるようになることを、京都大の松沢哲郎特別教授(比較認知科学)のチームが画像を使った学習実験で明らかにし、国際科学誌電子版に10日、発表した。

     人間の子どもが何歳ぐらいでじゃんけんが分かるのかを調べた別の実験結果とあわせて分析し、チンパンジーには4歳児程度の理解力があることが判明したという。

     実験では、14~38歳の7頭に、チンパンジーの手の写真を編集して表した「グーとチョキ」「チョキとパー」「パーとグー」の3種類の画像のいずれかを示し、勝った方の手を選べばリンゴなどがもらえるようにして、じゃんけんの規則性を学習させた。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 強制性交等致傷容疑 無くした財布届けに…大阪市職員逮捕
    2. 愛媛大 別の教員もセクハラ行為か 学生が苦情
    3. 夏の高校野球 花咲徳栄が優勝 埼玉県勢として初
    4. 昭恵氏付職員 イタリア大使館に異動 1等書記官に
    5. O157 高崎のポテトサラダ工場から検出されず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]