東武・鬼怒川線

SL「大樹」運行復活 51年ぶりの汽笛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小雨が降る中、鬼怒川温泉駅を発車するSL「大樹」の営業1番列車=栃木県日光市で2017年8月10日午後2時38分、内林克行撮影
小雨が降る中、鬼怒川温泉駅を発車するSL「大樹」の営業1番列車=栃木県日光市で2017年8月10日午後2時38分、内林克行撮影

 東武鉄道が日光市の鬼怒川線で10日、約半世紀ぶりに運行を復活した蒸気機関車(SL)「大樹(たいじゅ)」。「鉄道産業文化遺産の保存と活用」という理念から始まったSLは、日光の観光振興や活力創出との願いも乗せて走り出した。【花野井誠】

 東武鉄道のSLは1966(昭和41)年6月に佐野線で貨物運行を終了して以来、51年ぶり。運行復活にあたり、鉄道産業文化遺産の保存と活用▽日光・鬼怒川エリアの活性化▽東北復興支援--を目的に準備を進めた。

 営業1番列車が出発する鬼怒川温泉駅には観光客らが詰めかけ、熱気に包まれた。駅前の転車台にSLが到着し方向転換を始めると人垣ができ、汽笛の大音響に驚いた観光客の間で、どよめきが起こった。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1069文字)

あわせて読みたい

注目の特集