メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落

「8・12連絡会」事務局長が振り返る32年

講演する「8・12連絡会」事務局長の美谷島邦子さん=群馬県藤岡市の光徳寺で、2017年7月21日午前10時58分、杉直樹撮影

 520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故は12日で発生から32年を迎える。当時、遺体安置所だった群馬県藤岡市の光徳寺では7月に「三十三回忌法要」が営まれ、犠牲者家族でつくる「8・12連絡会」の事務局長、美谷島(みやじま)邦子さん(70)が講演した。愛息を失った悲しみ。事故原因の究明や被害者の連携や支援体制の構築に奔走してきた日々--。これまでの歩みを振り返り、「被害者一人一人に寄り添う社会を」と訴えた。【杉直樹】

この記事は有料記事です。

残り1606文字(全文1817文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  3. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです