メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アオバズク

大きな目で愛嬌 すくすく育つ 福岡・行橋

 福岡県行橋市の正(しょう)八幡宮のクスノキで、フクロウの仲間のアオバズクのヒナ2羽がすくすくと育っている。7月中旬に巣立ち、丸くて大きな目で愛嬌(あいきょう)を振りまいている。

 神社によると、境内にあるクスの大木には巣にしやすい穴があり、約60年前から初夏につがいが飛来して神社の森で子育てしている…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです