メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦記念日

15日を前に県内各地で催し 戦争体験、継承へ /静岡

父秀夫さんが描いた絵を持ちながら、原爆について話す磯部さん=牧之原市の市総合健康福祉センターで

 終戦記念日の8月15日を前に、県内各地でも平和について考える催しが開かれたり、企画されたりしている。当時を知る人たちが少なくなる中、戦争体験の継承への取り組みは戦後72年となる今年も続けられている。

原爆の悲惨さ知って 牧之原で被爆2世が講演

 原子爆弾の恐ろしさや戦争の悲惨さを知ってもらおうと、県内在住の被爆2世で作る「県原水爆被害者の会・二世部会」の磯部典子代表(66)=磐田市=の講演会が11日、牧之原市内で開かれた。約70人が磯部さんの話に耳を傾けた。

 磯部さんの父、杉山秀夫さん(故人)は陸軍の見習い士官として広島に出張していた1945年8月6日、爆…

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1715文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです