メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦記念日

15日を前に県内各地で催し 戦争体験、継承へ /静岡

父秀夫さんが描いた絵を持ちながら、原爆について話す磯部さん=牧之原市の市総合健康福祉センターで

 終戦記念日の8月15日を前に、県内各地でも平和について考える催しが開かれたり、企画されたりしている。当時を知る人たちが少なくなる中、戦争体験の継承への取り組みは戦後72年となる今年も続けられている。

原爆の悲惨さ知って 牧之原で被爆2世が講演

 原子爆弾の恐ろしさや戦争の悲惨さを知ってもらおうと、県内在住の被爆2世で作る「県原水爆被害者の会・二世部会」の磯部典子代表(66)=磐田市=の講演会が11日、牧之原市内で開かれた。約70人が磯部さんの話に耳を傾けた。

 磯部さんの父、杉山秀夫さん(故人)は陸軍の見習い士官として広島に出張していた1945年8月6日、爆…

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. 「サイレイヤ、サイリョウ!」2年ぶり鞍馬の火祭 夜空焦がす炎 京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです