メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山の日

眺望、歴史…山々は財産 「びわ湖比良比叡トレイル協議会」設立 記念式典後「行者道」散策も 大津 /滋賀

「山の日」のイベント後、散策に出発する人たち=大津市の比叡山峰道レストラン近くの山中で、大原一城撮影

 「山の日」の11日、大津市坂本本町の比叡山峰道レストラン前で、新たな散策道「びわ湖比良比叡トレイル」の整備に向けた協議会の設立記念式典があった。約180人が参加し、「山々は欠かすことのできない財産と再確認する」などと宣言。太鼓やギターの演奏の後、有志が早速、散策に出発した。【大原一城】

 びわ湖比良比叡トレイルは、琵琶湖西岸の標高1000メートル以上の山々が連なる大津市坂本~朽木の南北約50キロを、散策道として位置付ける構想。琵琶湖の眺望に加え、延暦寺関連など…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS B’z松本孝弘の愛用ギター、SNS情報提供で無事発見 20年ぶり本人の元へ
  2. ことば 健康保険組合
  3. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  4. 人材派遣健保 解散検討 最大の48万人協会移行
  5. 全国のコープ 生協健保組合が解散検討 16万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]