メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまねのひと

ブラジル人に日本語を教える 木谷恵子さん /島根

ブラジル人に日本語を教える木谷恵子さん=松江市で、山田英之撮影

木谷恵子(きたに・けいこ)さん(31)

 「日本から遠い国で、日本語を勉強する人たちの力になりたい」。松江市の会社員、木谷恵子さん(31)は国際協力機構(JICA)のボランティアとして、2014年から2年間、ブラジル・サンパウロで日系人らに日本語を教えた。

 帰国すると、出雲市に住むブラジル人が増えていた。出雲市は外国人の住民が県内で最も多い。市によると、人口約17万5000人(6月末現在)のうち、外国人は3267人。国籍別ではブラジル人が2225人で最多。

 日本に戻ってから、出雲市国際交流室でポルトガル語の通訳・翻訳を担当しながら、出雲市内のコミュニティセンターで、日本語教室を開いた。市役所の仕事を終えた夕方から夜にかけて、「日本人が何を話しているか理解したい」「コミュニケーションを取りたい」という意欲のあるブラジル人に、ボランティアで、ひらがなの読み方、日常会話、文法を教えた。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 露反体制派 「プーチンの宮殿」暴露動画を公開 黒海沿岸に1400億円の豪邸

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです