メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまねのひと

ブラジル人に日本語を教える 木谷恵子さん /島根

ブラジル人に日本語を教える木谷恵子さん=松江市で、山田英之撮影

 「日本から遠い国で、日本語を勉強する人たちの力になりたい」。松江市の会社員、木谷恵子さん(31)は国際協力機構(JICA)のボランティアとして、2014年から2年間、ブラジル・サンパウロで日系人らに日本語を教えた。

 帰国すると、出雲市に住むブラジル人が増えていた。出雲市は外国人の住民が県内で最も多い。市によると、人口約17万5000人(6月末現在)のうち、外国人は3267人。国籍別ではブラジル人が2225人で最多。

 日本に戻ってから、出雲市国際交流室でポルトガル語の通訳・翻訳を担当しながら、出雲市内のコミュニティセンターで、日本語教室を開いた。市役所の仕事を終えた夕方から夜にかけて、「日本人が何を話しているか理解したい」「コミュニケーションを取りたい」という意欲のあるブラジル人に、ボランティアで、ひらがなの読み方、日常会話、文法を教えた。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです