メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
しまねのひと

ブラジル人に日本語を教える 木谷恵子さん /島根

ブラジル人に日本語を教える木谷恵子さん=松江市で、山田英之撮影

木谷恵子(きたに・けいこ)さん(31)

 「日本から遠い国で、日本語を勉強する人たちの力になりたい」。松江市の会社員、木谷恵子さん(31)は国際協力機構(JICA)のボランティアとして、2014年から2年間、ブラジル・サンパウロで日系人らに日本語を教えた。

 帰国すると、出雲市に住むブラジル人が増えていた。出雲市は外国人の住民が県内で最も多い。市によると、人口約17万5000人(6月末現在)のうち、外国人は3267人。国籍別ではブラジル人が2225人で最多。

 日本に戻ってから、出雲市国際交流室でポルトガル語の通訳・翻訳を担当しながら、出雲市内のコミュニティ…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文810文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  2. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです