メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

槻木小休校

理解求める 多良木町長が住民と座談会 集落支援員交代説明 /熊本

 県外出身の集落支援員の辞任に伴い地区唯一の槻木(つきぎ)小学校が休校した多良木町槻木地区で10日夜、吉瀬浩一郎町長と住民約50人の座談会があった。吉瀬町長は休校と集落支援員を地元出身者に交代したことに理解を求めたが、住民からは説明不足を批判する声が相次いだ。

 町が主催し、町が新たな集落支援員として1日付で採用した中村悦朗さん(54)も出席した。吉瀬町長は「集落支援員が地元出身者になり、これまで以上に(地区を)フォローできると思う」と強調した。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです