メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者のプライバシーに配慮して仕切りもある博芳堂薬局=東京都品川区で

 「健康サポート薬局」との看板を掲げた薬局が全国で増えつつある。薬局といえば、調剤した薬を渡すだけのイメージが強いが、サポート薬局は地域住民の健康を支援する新たな役割を担う。いったいどんな薬局なのか。

 ●24時間対応

 健康サポート薬局は、かかりつけ薬剤師がおり、地域住民の健康促進を積極的に支援する機能をもつ薬局のこと。国の医薬品医療機器法に基づき、昨年10月から届け出が始まった。薬局のある保健所を所管する自治体に申請し、受理・認可される仕組みだが、要件は厳しい。

 まず所定の研修を受けたかかりつけ薬剤師がいることが必須の条件。このほか、「24時間対応」「患者の服薬管理や健康へのアドバイスができる」「地域の医療機関との連携がとれている」「患者のプライバシーに配慮した仕切りなどをもうけた相談窓口の設置」など厳しい条件を満たすことが必要だ。

この記事は有料記事です。

残り1441文字(全文1812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです