連載

描かれた鉄路

文学や映画などの作品に登場する鉄道の現場を記者が訪ねます。旅情あふれる長文のルポをお届けします。毎月1回更新。

連載一覧

描かれた鉄路

今回の作品 戸板康二『グリーン車の子供』 東海道新幹線(新大阪-東京駅) 女優の体験談ヒントに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
現在の新大阪駅新幹線乗り場
現在の新大阪駅新幹線乗り場

 歌舞伎俳優、中村雅楽(がらく)は、8月の第2日曜日の朝、新大阪から新幹線こだま号のグリーン車に東都新聞文化部記者の竹野と共に乗り込んだ。東京駅到着までの間に雅楽が遭遇したできごとをめぐる推理物である。

 歌舞伎評論に大きな足跡を残した戸板らしく随所に傾けられた芝居のうんちくも魅力の雅楽物は、1958年の「車引殺人事件」を皮切りに、長編2本、短編80本以上が発表された。

 雅楽は故実に通じる明治生まれの幹部俳優。推理力に優れ、演劇担当記者の竹野を助手とし、主に劇界で起きる事件の謎を次々と解明する。「グリーン車の子供」当時は80歳。神経痛で足が動かなくなり、舞台を休んで7年の設定だ。

この記事は有料記事です。

残り1354文字(全文1646文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集