メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

鑑賞者の秘密=住友文彦

 自分が勤める美術館で作品を見ている人がいると何を話しているのだろう、どんな作品に関心を持つだろう、とついじっと見てしまう。他の美術展に行っても、企画者が意図していないような反応に出合うと見入ってしまう。正確に企画意図が伝わっているかどうかよりも、その人の経験によって作品に新鮮な見方が加えられる可能性にどきどきする。この間は一人で来ていた若い男性が、テーマが異なる部屋にある作品の間を何度か行き来しているのを見て何を比較しているんだろう、とすごく気になった。アンケートも全て見ているが、そのコメント欄にこうした微細な感情はまず表れない。私たちは静かに作品を見つめている視線の奥にどのような感情がわき起こっているのかを結局詳しく知りえない。

 最近は小中学校で創作だけでなく鑑賞教育も取り上げていると聞くし、美術館も鑑賞の助けとなる教育普及事…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文1025文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き
  3. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  4. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も
  5. ORICON NEWS 福田雄一監督版 ドラマ『聖☆おにいさん』NHK総合で放送

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです