メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 7年ぶり古里の夏 富岡で盆踊りと花火 避難指示解除

帰還困難区域を除き避難指示が解除された富岡町の空を7年ぶりに彩った花火=福島県富岡町で2017年8月11日午後8時3分、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が今年4月、大部分で解除された福島県富岡町で11日、7年ぶりに夏祭りが開かれた。約400人の町民らが盆踊りの輪をつくるなど古里の夏の風情を楽しんだ。フィナーレには東日本大震災犠牲者の追悼と復興への願いを込めた花火1500発が夜空に大輪を咲かせた。

 富岡町の人口は約1万3300人だが、仕…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです