メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮に連日の警告「グアム攻撃なら後悔」

ティラーソン米国務長官(左)、ヘイリー米国連大使(右から2人目)、マクマスター米大統領補佐官(右)と並び、北朝鮮問題について記者団に語るトランプ米大統領=米東部ニュージャージー州で11日、AP

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は11日午後、静養先の米東部ニュージャージー州で2度にわたり記者団の取材に応じた。北朝鮮が米領グアム周辺に向けた弾道ミサイル発射を検討していることについて、「北朝鮮の指導者がグアムや他の米領、同盟国に対して何かすれば、彼は心から後悔することになる」と述べた。連日の北朝鮮に対する警告で、対立はエスカレートしている。

 またトランプ氏はこの日の朝、ツイッターに、北朝鮮からの攻撃に対しては「軍事的な準備は万端に整っており、臨戦態勢にある。金正恩(キムジョンウン)(朝鮮労働党委員長)が別の道を見いだすと良いのだが!」と投稿した。記者団にこの投稿の真意を問われたトランプ氏は「言葉通りの意味だ。(北朝鮮指導部が私の)言葉を文字通りに理解することを望む。極めて簡単に理解できる言葉だ」と語った。

 トランプ氏の相次ぐ強硬発言に対し、各国や国内からも「いたずらに緊張を高めている」と批判が出ている。これに対してトランプ氏は、韓国や日本が「とても喜んでいる」と指摘。国内にも支持する人が「何千万人もいる」と反論した。また、北朝鮮問題をめぐり、中国の習近平国家主席と近く電話協議することも明らかにした。

 2度目の会見には、外交努力で北朝鮮との問題解決を主張するティラーソン国務長官も同席。強圧的な発言を繰り返す大統領と国務長官の主張に違いがあるとの指摘に対しトランプ氏は「我々は完璧に同じ意見だ」と主張。ティラーソン氏も「大統領は明確に外交的解決を望んでいる」と解説した。北朝鮮との非公式ルートでの接触についてトランプ氏は否定も肯定も避けた。

 AP通信は11日、米政府当局者の話として、国務省のユン北朝鮮担当特別代表が北朝鮮国連代表部の高官と接触を続けていると伝えた。オバマ前政権時代には一時、途絶えたが、トランプ政権発足後に復活したという。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降り 女子高生2人自殺か パチンコ店屋上から
  2. ゾウガメ 15日ぶりに保護 父子で捜索、近くの山中で
  3. ゾウガメ 脱走 55キロ、おとなしいが… 岡山の動物園
  4. 児童扶養手当 2カ月ごと支給へ 年3回を見直す方針
  5. 覚醒剤 埼玉の中学教諭を所持容疑で逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]