メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界最強クワガタ

スマトラオオヒラタが3年ぶり王座奪還

最強のクワガタを決める「K-1グランプリ」のエキシビションマッチ=福島県猪苗代町川桁の猪苗代ハーブ園で2017年8月11日、湯浅聖一撮影

 世界最強のクワガタを決める「K-1グランプリ」の決勝戦が11日、福島県猪苗代町川桁の猪苗代ハーブ園であった。インドネシア・スマトラ島に生息するスマトラオオヒラタクワガタが熱戦を制し、第1回以来3年ぶり2回目の優勝を果たした。

     園内で開いた昆虫展で、子どもの「どの虫が一番強いの」という質問に園側が答えられなかったのをきっかけに、2014年から実施している。

     大会はトーナメント制で、今年は8種類が参戦して7月28日に開幕。直径約30センチの切り株を土俵に見立て、力比べをしてきた。

     決勝戦はスマトラオオヒラタクワガタが、昨年の覇者でインドネシア・ジャワ島にすむダイオウヒラタクワガタをハサミ(大あご)で持ち上げて王座を奪還。会場を埋めた夏休み中の子どもたちから大きな歓声が上がった。同県会津若松市門田町堤沢の柳澤勇心(ゆうしん)ちゃん(5)は「すごい戦いで、格好良かった」と喜んでいた。【湯浅聖一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 車同士衝突 弾みでぶつかった自転車の高校生が死亡 埼玉
    2. 南相馬市長選 門馬和夫氏が初当選 「脱原発」桜井氏破る
    3. 卓球 14歳張本、父とつかんだV「一番感謝している」
    4. 航空宇宙博物館 児童が機体搬入 各務原 /岐阜
    5. 卓球 14歳張本、史上最年少V 全日本選手権

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]