東京都

老朽閉鎖の橋を再整備 20年に向け観光拠点に 

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京都が老朽化のため閉鎖した橋を「遊歩道橋」として再整備する計画に着手した。観光拠点の一つに位置づけ、構造物の「再生」によって水辺のにぎわいの演出に役立てる。

 都港湾局によると、具体的に検討が進んでいるのは「竹芝・日の出ふ頭間仮設橋」(港区)と、「旧晴海鉄道橋」(中央、江東区)の二つ。竹芝ふ頭と日の出ふ頭の間には元々、橋があったが、竹芝ふ頭の再開発で閉鎖され、代わりに両ふ頭を行き来する乗船客の迂回(うかい)路として仮設橋が設置された。仮設橋は1986~95年に使われた。

 再整備後は、伊豆諸島などの島しょ部に向かう船が発着する竹芝桟橋と、水上バス乗り場やレストラン船が停泊する日の出桟橋をつなぐ最短ルートになる。基礎部分の補強や、橋床の幅を約50センチ細くして軽量化する耐震補強工事を行うほか、新たな意匠やライトアップなどを施すことも検討し、2018年度中の完成を目指す。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文738文字)

あわせて読みたい

ニュース特集