メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
防衛省

オスプレイ飛行再開を容認 「米の安全説明理解」

米軍のオスプレイ=沖縄県宜野湾市で2016年12月、野田武撮影

 防衛省は11日未明、オーストラリア沖での垂直離着陸輸送機オスプレイの墜落事故に関する米軍の調査を踏まえ、在沖縄米海兵隊所属の同型機の国内での飛行再開を容認すると発表した。政府関係者によると、11日午前に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)から同型機4機が飛び立った。28日まで北海道で実施中の日米共同訓練に、オスプレイが参加する方向で日米両政府が調整を進める。

 同省は事故について「陸上への着陸よりはるかに複雑な、海上を移動中の艦船への着艦の最中に発生した」と…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文517文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 福島・広野産の「奇跡のバナナ」初収穫 9月下旬から売り出し

  4. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  5. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです