メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ケニア大統領選

現職が大差でリード

ケニアのケニヤッタ大統領=2017年8月7日、ロイター

 【ナイロビ小泉大士】8日に行われたケニア大統領選は、選挙管理当局のウェブサイトによると、現職のケニヤッタ大統領が、野党連合候補のオディンガ元首相を大差でリードしている。オディンガ氏は集計に不正があったとして自らの勝利を主張しており、当選者の確定を前に緊張が高まっている。

 最終結果は11日中にも発表される見通し。選管のサイトによると、開票作業はほぼ終了。ケニヤッタ氏の得票率は約54%で、オディンガ氏を10ポイント近く引き離している。

 オディンガ氏は9日、選管のサーバーがハッキングされて結果が改ざんされたと主張。野党陣営は10日、「…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 沢尻エリカ容疑者逮捕にNHK放送総局長「遺憾」「反社会的行為は容認できない」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです