メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山の日

アルミ板100枚で天守閣「再現」 福岡城跡

アルミ複合板を使って福岡城跡に「再現」された天守閣のパネルを撮影する男性=福岡市中央区城内で2017年8月11日、吉川雄策撮影

 山の日の11日、福岡市中央区の福岡城跡で、現存せず存否論争もある天守閣が、アルミ板約100枚を使い「再現」された。「福岡城夏祭り」の一環。12日まで。

     観光客に福岡城跡の魅力を知ってもらおうと、福岡青年会議所などが企画。高さと幅は各約15メートル。遠くからだと天守閣があるようにも見え、写真に収める人の姿も目立った。

     福岡城跡の観光化を目指す市は、潮見櫓(やぐら)などの復元に向け市民に募金への協力を呼びかけている。城への関心を高め「復元に向け一合ずつ歩みを進めたい」と関係者。【吉川雄策】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
    5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]