世界陸上

競歩の荒井広宙「練習すべて順調 感覚がいい」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
13日の本番に向けて意気込む競歩日本代表の(左から)荒井、岡田、松永=2017年8月11日午後4時3分、小林悠太撮影
13日の本番に向けて意気込む競歩日本代表の(左から)荒井、岡田、松永=2017年8月11日午後4時3分、小林悠太撮影

13日の男子50キロ競歩で記者会見

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権で、13日に行われる競歩の日本代表が11日、当地で記者会見を開き、昨年のリオデジャネイロ五輪男子50キロ競歩で銅メダルを獲得した荒井広宙(自衛隊)は「計画していた練習はすべて順調にやってきた。感覚がいい」と手応えを話した。

 リオ五輪男子50キロのメダリストでは、金メダルのマテイ・トート(スロバキア)が、血液の検体のデータを蓄積して変化を調べる「生体パスポート」で異常値を示して…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

あわせて読みたい

注目の特集