メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MFの人員不足に悩まされるチェルシー…ロフタス・チークの放出は正しかったか

情報提供:サッカーキング

クリスタル・パレスでプレーするロフタス・チーク [写真]=Getty Images
 チェルシーは現在、MF陣の人員不足に頭を抱えている。イギリス紙『イブニング・スタンダード』が11日付で報じた。

 昨シーズンにプレミアリーグを制覇したチェルシーは、新指揮官アントニオ・コンテ監督によって導入された3-4-3によって劇的に変化した。序盤に流れた嫌な空気を、ジョゼ・モウリーニョ元監督が残した4-2-3-1のフォーメーションとともに破棄し、チェルシーを上昇気流に乗せた。そのフォーメーションの中でもボランチは、文字通りチームの心臓部分だったはずだ。

 しかし、セルビア代表MFネマニャ・マティッチをライバルであるマンチェスター・Uへ放出。代わりに獲得したフランス代表MFティエムエ・バカヨコは若くて生きのいいタレントだが、頭数が足りていない。それだけにU-21イングランド代表MFルーベン・ロフタス・チークの放出が悔やまれる。

 クリスタル・パレスへ1年間のレンタル移籍で放出されたロフタス・チーク。チェルシーアカデミーの最高傑作とも称され、好調なU-21イングランド代表で主力を張っていた人物だ。現在のチェルシーの状況を見れば、多少の出場機会がもらえていたのではないか、と推測される。

 コンテ監督は「この状況にコーチたちとシンパシーを感じてはいない。これは私からのメッセージだよ。クラブがレンタルで放出したいと決めたなら、チェルシーでプレーする準備ができていなかったのだろう。シュチュエーションは明確だ」と応えている。

 エースのベルギー代表MFエデン・アザールも負傷離脱しているチェルシーは、12日に行われるバーンリーとの開幕戦で良いスタートダッシュを切れるか

【関連記事】
●プレミア2連覇に挑むコンテ監督…批判に理解を示すも「昨年と同じ」
●「20点以上は決めたい」真価試されるモラタ、新シーズンへ意気込み
【新シーズン展望】混戦必至のプレミアリーグ 優勝候補に挙がる“BIG6”の今季を占う
●フェネルバフチェがチェルシーの“レンタル組”に興味…ガーナ代表の攻撃的SB
●開幕迫るプレミアリーグ…17-18シーズン、ユニフォームサプライヤー勢力図は?

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
  2. 男逮捕 追い越され「頭に来た」 鉄パイプで相手の車壊す
  3. 拉致被害者家族 トランプ米大統領と面会へ 11月来日時
  4. 運転トラブル 相次ぐ 男が追いかけミラー損壊、容疑者逮捕 埼玉県警
  5. 中国 陳氏、中国副主席に内定 習氏の後継固まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]