特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

全日本クラブ野球選手権

2次予選東北大会 鶴岡ク、決勝逃す 敗者復活戦へ /山形

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東北大会で初優勝を決め、マウンドに集まって勝利を喜ぶ富士通アイソテッククの選手たち=鶴岡市の鶴岡ドリームスタジアムで
東北大会で初優勝を決め、マウンドに集まって勝利を喜ぶ富士通アイソテッククの選手たち=鶴岡市の鶴岡ドリームスタジアムで

 第42回全日本クラブ選手権2次予選東北大会(JABA東北地区連盟、毎日新聞社主催)は12日、鶴岡市の鶴岡ドリームスタジアムと酒田市光ケ丘野球場で決勝と準決勝2試合、敗者復活戦2試合があった。富士通アイソテックベースボールクラブ(福島)が決勝で東北マークス(宮城)を4-3で破り、初優勝。両チームは9月1日からメットライフドーム(埼玉県所沢市)で開幕する全国大会に出場する。東北大会は13日、第3・第4代表決定戦2試合を、鶴岡ドリームスタジアムで行う。県勢の鶴岡野球クラブは、全国大会出場を目指して、水沢駒形野球倶楽部(岩手)と対戦する。

 東北大会の表彰選手は以下の通り。最高殊勲選手賞・本間陸投手(富士通アイソテックク)▽敢闘賞・鈴木康太投手(東北マークス)▽首位打者賞・河野勝人選手(富士通アイソテックク)【二村祐士朗、高橋不二彦、曽根田和久】

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1687文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る