メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松代大本営

朝鮮人犠牲者に祈り 追悼碑建立22年 /長野

追悼碑の前で献花する長野朝鮮初中級学校の生徒たち=長野市の象山地下壕入り口で

 松代大本営(長野市松代地区)の地下壕(ごう)で亡くなった朝鮮人労働者の追悼碑が建立されてから22年になったのを記念して、象山地下壕入り口で10日、市民団体「松代大本営追悼碑を守る会」の会員や長野朝鮮初中級学校の生徒ら約50人が参加し、献花台で手を合わせた。

 松代大本営は終戦間際の1944年11月に国の中枢機関を移設しようと掘られた地下壕。延長約10キロの地下壕に政府機関や食糧庫、仮の皇居などを置き、本土…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 観光客の救急搬送当面取りやめ 香川の離島・豊島 消防団「島民守れなくなる」

  4. ORICON NEWS キンプリ 新アルバム『L&』アートワーク&収録曲一挙公開 メンバープロデュース曲名も

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです