三原やっさ祭り

夏、踊って跳ねて 築城450年祝う /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
笑顔を振りまきながらやっさ踊りを披露する女性ら=広島県三原市城町1で、渕脇直樹撮影
笑顔を振りまきながらやっさ踊りを披露する女性ら=広島県三原市城町1で、渕脇直樹撮影

 三原市最大のイベント、三原やっさ祭りは2日目となる12日、JR三原駅周辺であった。ハイライトのやっさ踊りには職場や町内会、学校などの73チームが出場。軽快な踊りで三原城築城450年を祝った。最終日の13日には花火フェスタがある。

 各チームは午後6時から順次スタート。浴衣や法被姿の踊り手は両手を頭上に掲げ、跳ねるように踊った。桟敷席の…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集