メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いいから・いいから

長谷川義史の世界展 学芸員が見どころ紹介 参加者から感嘆の声 /高知

展示解説をする学芸員の福冨陽子さん=高知市丸ノ内1の県立文学館で、松原由佳撮影

 県立文学館(高知市丸ノ内1)で開催中の「いいから いいから~長谷川義史の世界展」(県立文学館、毎日新聞社主催)で12日、学芸員による展示解説があった。

 学芸員の福冨陽子さん(41)が見どころを紹介。絵本「おへそのあな」で絵本に使われなかった絵について、4人家族にもかかわらず、お椀(わん)が三つしか…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです