メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対北朝鮮

迎撃の準備整う 中四国PAC3配備

 米領グアム沖に向けた北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、政府は継続中の破壊措置命令を改めて発令、防衛省・自衛隊が12日、上空通過が想定される中四国4県に航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)の部隊を配備した。日本海には海上自衛隊のイージス艦も展開しており米軍とも情報を共有。迎撃準備が整い、24時間態勢で警戒監視に当たる。

 配備先は陸上自衛隊の出雲(島根)、海田市(広島)、松山(愛媛)、高知の各駐屯地。政府は昨年8月、北…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. さっそく小泉氏もマイバッグ 環境、厚労の庁舎でレジ袋廃止

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです