メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中電話協議

「北朝鮮は挑発停止を」 習氏、トランプ氏にも懸念

 【ニューヨーク國枝すみれ、北京・浦松丈二】北朝鮮による米領グアム沖への弾道ミサイル発射の検討をめぐり、トランプ米大統領は11日(日本時間12日)、中国の習近平国家主席と電話協議した。トランプ氏はこの日、北朝鮮への「高いレベル」の追加制裁検討を表明、電話協議でも圧力強化を求めたとみられる。両首脳は北朝鮮は挑発行為を停止すべきだとの認識で一致。ホワイトハウスによると、国連安全保障理事会が5日に採択した対北朝鮮制裁決議の重要性も確認した。

 中国外務省によると習氏は米朝双方に自制も要請、強硬発言を続けるトランプ氏への懸念をにじませた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです