メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

中国 劉暁波氏死去1カ月 妻・劉霞さん軟禁続く 当局、民主化の芽排除

 中国の民主活動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波(りゅうぎょうは)氏が亡くなって13日で1カ月。出国を希望していた妻の劉霞(りゅうか)さんは今も外部との接触ができない軟禁状態が続き、友人らは国内外で解放を訴えている。中国の習近平指導部は国内の追悼の動きを厳しく抑え込み、インターネットを中心に言論統制をさらに強化。秋の中国共産党大会を前に、一党独裁体制を脅かす価値観の徹底排除を図っている。

 「幸せに暮らしてほしい」。7月13日、劉氏が息を引き取る直前に霞さんへ言い残した言葉だ。劉氏夫妻の…

この記事は有料記事です。

残り1852文字(全文2097文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手 首相にマサルのぬいぐるみ 官邸表敬
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  4. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです