メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『虹の鳥』=目取真俊・著

 (影書房・1944円)

強烈な暴力と強烈なメッセージ

 二十年前に「水滴」で芥川賞を得た目取真俊(めどるましゅん)が二〇〇六年に発表した小説である。

 つまり今回のは新装版。それを敢(あ)えてここで取り上げるのは、第一にこれが現代の沖縄を描いた傑作であり、第二に彼がこの作品の後はほとんど小説を書いていないからだ。この時期以降、彼は普天間基地返還闘争に全力を投入している。今はそちらが大事と判断したのだろう。これほどの文学的才能を持ちながら、と嘆く資格はぼくにはない。

この記事は有料記事です。

残り1734文字(全文1966文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです