メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『虹の鳥』=目取真俊・著

 (影書房・1944円)

強烈な暴力と強烈なメッセージ

 二十年前に「水滴」で芥川賞を得た目取真俊(めどるましゅん)が二〇〇六年に発表した小説である。

 つまり今回のは新装版。それを敢(あ)えてここで取り上げるのは、第一にこれが現代の沖縄を描いた傑作であり、第二に彼がこの作品の後はほとんど小説を書いていないからだ。この時期以降、彼は普天間基地返還闘争に全力を投入している。今はそちらが大事と判断したのだろう。これほどの文学的才能を持ちながら、と嘆く資格はぼくにはない。

この記事は有料記事です。

残り1734文字(全文1966文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 福知山線脱線 「代理受傷」出口探して 兵庫の夫婦が手記
  4. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです