メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『虹の鳥』=目取真俊・著

 (影書房・1944円)

強烈な暴力と強烈なメッセージ

 二十年前に「水滴」で芥川賞を得た目取真俊(めどるましゅん)が二〇〇六年に発表した小説である。

 つまり今回のは新装版。それを敢(あ)えてここで取り上げるのは、第一にこれが現代の沖縄を描いた傑作であり、第二に彼がこの作品の後はほとんど小説を書いていないからだ。この時期以降、彼は普天間基地返還闘争に全力を投入している。今はそちらが大事と判断したのだろう。これほどの文学的才能を持ちながら、と嘆く資格はぼくにはない。

この記事は有料記事です。

残り1734文字(全文1966文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]