メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『塔と重力』 著者・上田岳弘さん

 ◆上田岳弘(うえだ・たかひろ)さん

 (新潮社・1728円)

人は代替可能なのか

 2人の男がたびたび酒を飲んでは語り合い、思弁を深めていく。人は代替可能なのか。そもそも何をもって人の固有性は担保されているのか。主人公の「僕」こと田辺の一人称と、その友人の水上が書いた小説らしき文章が交互に語り手を務める。「インターネットで個々人の体験や感情を見られる今、人間は自分だけの視点では生きていない。それを表現しました」

 東京でベンチャー企業の役員として成功している38歳の田辺には約20年前、予備校仲間に美希子という初…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文963文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです