メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『かたわれワルツ』=鈴木翁二・著

 (而立書房・2160円)

 鈴木忠志の演劇論集『内角の和』、野田秀樹の戯曲『小指の思い出』などコアな演劇・人文書の版元として知られる而立(じりつ)書房。代替わりした現在も、思い切りの良い出版姿勢は変わらないようだ。

 本書は、1969年秋に独特の詩的世界を引っさげて漫画誌『ガロ』でデビューした人の作品集。かつて「右手に『朝日ジャーナル』、左手に『少年マガジン』」と言われた時代があったが、この国の漫画…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 働き方法案可決 人の命かかってるのに 傍聴席ぼうぜん
  2. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  3. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  4. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  5. 水族館 ヒョウモンダコが産卵 触手で抱えるように 長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]