在日米軍再編

辺野古移設反対 オスプレイ飛行禁止を 配備撤回も求める 沖縄県民大会決議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設反対を訴える県民大会が12日、那覇市の奥武山(おうのやま)陸上競技場で開かれ、約4万5000人(主催者発表)が参加し、翁長雄志(おながたけし)知事も出席した。「翁長知事を支え、地方自治と民主主義を守るため、不条理に全力で抗(あらが)い続ける」として辺野古の新基地建設断念などを日米両政府に求める大会宣言を採択した。

 5日にオーストラリア沖で普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機オスプレイが墜落した事故から2日後に飛行再開させた米軍を批判し、国内での飛行の全面禁止や配備撤回などを求める特別決議も採択した。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文533文字)

あわせて読みたい

注目の特集