連載

季語刻々

季節折々の句を紹介します。

連載一覧

季語刻々

月見草萎れし門に帰省せり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ◆昔

月見草萎(しお)れし門に帰省せり 前田普羅(ふら)

 月見草は夕方に咲き、翌朝にしぼむ。だから、普羅の句は早朝の帰省だろう。家族はまだ寝ているのか。1890(明治23)年に出た宮崎湖処子(こしょし)の「帰省」は、東京から九州の村へ帰省したようすを、詩歌をまじえて描いている。帰省という語を広めた当…

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文201文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集