メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 沖縄、不条理ばかり 「年1回」ペース、県民大会

 「我々はあきらめない」。12日に那覇市で開かれた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設反対を訴える県民大会。移設工事を強行する政府への抗議の意思を示すため、参加者は辺野古の海をイメージした「青」の服を着て会場に駆け付けた。

 「まさしく県民が危惧した通りの状況になっており、憤慨に堪えない」。普天間所属の米軍垂直離着陸輸送機オスプレイが昨年12月に名護市沖で不時着・大破したのに続き、今月5日にオーストラリア沖で墜落し、翁長雄志(おながたけし)知事は激しい口調で日米両政府を批判した。

 「県民に対するいかなる差別的、犠牲的な扱い、基地負担の押しつけに反対する」と、オスプレイ配備撤回や…

この記事は有料記事です。

残り1145文字(全文1448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです