メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 沖縄、不条理ばかり 「年1回」ペース、県民大会

 「我々はあきらめない」。12日に那覇市で開かれた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設反対を訴える県民大会。移設工事を強行する政府への抗議の意思を示すため、参加者は辺野古の海をイメージした「青」の服を着て会場に駆け付けた。

 「まさしく県民が危惧した通りの状況になっており、憤慨に堪えない」。普天間所属の米軍垂直離着陸輸送機オスプレイが昨年12月に名護市沖で不時着・大破したのに続き、今月5日にオーストラリア沖で墜落し、翁長雄志(おながたけし)知事は激しい口調で日米両政府を批判した。

 「県民に対するいかなる差別的、犠牲的な扱い、基地負担の押しつけに反対する」と、オスプレイ配備撤回や辺野古移設反対に取り組む姿勢を改めて強調。うちなーぐち(沖縄の言葉)で「負けてーないびらんどー(負けてはならない)」と声を張り上げると、会場から拍手が湧き、指笛も鳴らされた。

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです